骨董品とされる腕時計とは

腕時計の歴史

このようにきらびやかな歴史を持つ「時計」ですが、こと腕時計に関しては、それほど「骨董品」としての歴史が長いものではありません。
というのも、腕時計の誕生時代は19世紀後半にまでさかのぼれるものの、それがメジャーになるのは20世紀に入ってからです。

つまり、「腕時計」が一般化されたのは、今から100年程度前であり、「骨董品」としての歴史は他のものに比べてかなり短いのです。
(ちなみに余談ではありますが、腕時計が販売される前は「懐中時計」が主流でした。これも現代でも人気がありますね。

骨董品としての腕時計

煌びやかな歴史を持つ「時計」ですが、こと腕時計に関しては、それほど「骨董品」としての歴史が長いものではありません。
というのも、腕時計の誕生時代は19世紀後半にまでさかのぼれるものの、それがメジャーになるのは20世紀に入ってからです。

つまり、「腕時計」が一般化されたのは、今から100年程度前であり、「骨董品」としての歴史はほかのものにくらべてかなり短いのです。
(ちなみに余談ではありますが、腕時計が販売される前は「懐中時計」が主流でした。これも現代でも人気がありますね。

腕時計の人気のメーカーなど

骨董品の腕時計のメーカーとして人気なのは、「オメガ」「ロレックス」「ウブロ」「ピケ」「ロンジン」などです。
これらは現在もさまざまな時計を打ち出している有名メーカーであり、その魅力はアンティーク時計であっても色あせることはありません。
裏を返せば「現在でも生き残っているブランドのメーカー」が骨董品として人気商品になっている、ということでもあります。

傷が少ないものや付属品があるものなどが高く買い取られるのは、ほかの骨董品にも共通しています。
なかには修理工を抱えている会社もありますから、壊れた腕時計でもあきらめず相談してみるとよいでしょう。

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP

仁友堂へのお問い合わせはこちら