美術商から骨董品を買う

美術商から骨董品を買う

美術商とは、美術家から美術品を仕入れて、コレクターなどに販売する業者のことです。
この美術商から、美術品を買うメリットをご紹介しましょう。

まず、美術品が欲しい場合に、自分にある程度の価値が分かるほどの目をもっていれば良いのですが、それがない場合には美術商が販売している美術品の説明などを聞きながら買うことができます。

特に、長年美術商一筋の仕事をしている所で買うと、美術品に関しての知識も豊富にあるので、取り扱っている美術品の歴史などを知ることもできます。
さらに個人経営であれば店主も変わることがないので、信頼関係も築きやすくなります。
美術品を買うときは、価格も高価なものが多くなっているので、信頼関係がなければなかなか買うことができません。

他にも、老舗の美術商だと価格が安定していることや、同業者間のネットワークもしっかりしているので、良い商品に巡り合う機会も多くなります。
とにかく、何度も通って信頼関係を築くことが重要になります。

骨董品を買う際の注意点

骨董品を買う際の注意点ですが、自分で知識はあるものの、見る目はまだないといった時には、作品の箱に書かれた「箱書」のみを信じないようにしましょう。
箱書には、作品の由来や希少性などが書かれていますが、箱書をきちんと作りなおした贋作が売られることもあります。
なので、箱書きだけに注目せず、作品をきちんと見て判断しましょう。

他にも、美術商の話だけを聞いて購入するのではなく、自分で判断して疑問に思う部分があれば購入しないようにしましょう。
何か一か所でも疑問に思うのであれば、買わずに様子を見て判断することも大切です。

「骨董品を買う前に骨董商を買え」という言葉の通り、良い骨董品に巡り合いたいのであれば、骨董商を見極めることが大切です。

2018年4月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP