日本刀を処分したい時

日本刀を処分したい時

登録証があるか確認することから始めよう

日本刀と聞くと名家しか持っていないと想像する人もいますが、一般的な家庭にも日本刀があることは決して珍しいことではありません。
しかし、日本刀を保持していくには手入れをしなくてはならないため、費用や時間が必要となります。
もし、処分を考えている場合には間違った処分方法を行うと適切に処分できないので、しっかりとした処分方法を覚えておくことが大切です。

そもそも日本刀は包丁のように自治体が行っている回収に出すことはできないので気を付けましょう。
処分するまでの手順としては、まず「登録証」を持っているか確認してください。
登録証とは車でいう車検証のような役割で、美術品として所持しても良いという許可証になります。
登録証がないと不法所持となるので罰せられる危険もあるのです。
そのため、日本刀があることを警察署に連絡し、発見届を発行してもらいましょう。
その後、各都道府県にある教育委員会で登録証の発行のための手続きを行います。
美術品として認められれば登録証の発行ができますが、認められない場合には没収されて破棄されることとなります。

日本刀は買取も可能

登録証が発行されれば日本刀を所持していたとしても問題はありませんが、不要の場合は持っていても手入れをすることができないので、管轄の警察署で処分してもらうことも可能です。
ですが、価値のある日本刀であれば処分するのはもったいないので専門の買取業者に買取を依頼することを考えてみてはいかがでしょうか?
登録証があれば買取業者に依頼をすることで買い取ってもらうことができ、高価な日本刀であれば数十万円~数百万円という値段が付く可能性もあります。
見積もりだけでも依頼してみると良いでしょう。
日本刀の買取は近所のリサイクルショップなどでは難しいので、処分を検討している場合は日本刀を取り扱っている骨董品店などへの相談がおすすめです。
鑑定士による正確な査定で、処分予定の日本刀の価値を確かめてみましょう。

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP

仁友堂へのお問い合わせはこちら