骨董品鑑定士(美術鑑定士)とは

骨董品鑑定士(美術鑑定士)とは

主に骨董品を鑑定する人を骨董品鑑定士または美術鑑定士と呼びます。
価格や価値がわからない骨董品の詳細や市場価格を明確にすることを仕事にしています。

テレビでは、骨董を専門分野としている鑑定士が骨董品の価値や詳細、価格などを鑑定して発表する番組もありますが、あれは骨董のプロだからこそできる仕事と言えるでしょう。
骨董品鑑定士になるためには資格が必要で、誰でも簡単になれる職業というわけではありません。

骨董品鑑定士になるには?

骨董品鑑定士になるためには、まず美術鑑定士の資格が必要となります。
美術鑑定士は、骨董品すべての品物の真贋を判断して価格を出すのが仕事であり、この資格を取得するには骨董品に関する多くの知識を身に着けなくてはなりません。
勉強というと学校に通うことかと思われますが、特殊な専門学校や授業を受けることはなく、骨董品と関係している画廊や美術館、販売店などでとにかく骨董品の知識・経験を積むことが重要です。

また、実際に骨董品鑑定士として働いている人がいるところで多くの骨董品と触れ合うことも勉強になるので、骨董品鑑定士の元で勉強するのも資格取得のためには良いでしょう。
骨董品がどの時代に誰の手によって作られたのかを判断するためには、骨董品を見極める力を付けなければいくら骨董に触れ合っていたとしても能力が育つことはありません。
能力を育たせるためには、多くの骨董と触れ合って真贋を見極める鑑定眼を養っていくことが重要となります。
それと同時に、骨董品の価格も見極めることができるようになると一人前の骨董品鑑定士として働くことができます。

骨董品鑑定士の仕事は?

骨董品鑑定士の主な仕事は、自分で骨董品店を経営したり、骨董品のお店の買い付け役となったり、古美術商やオークションなどの販売企業のアドバイス・サポート役になることが挙げられます。
また、裁判所から鑑定を依頼されることもあります。
特殊な職業になりますが、経験とスキルを活かした働き方ができるでしょう。

2018年4月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP